CANPAN決済サービス


認定NPO法人

地域精神保健福祉機構

認定NPO法人 地域精神保健福祉機構

今回の金額:1,000 円/口

概要

精神科医療サービスを「見える化」し、障害者を応援するシステムを強化するためにご協力をお願いします。((一口1,000円より〔例〕10,000円をご寄付の場合は1,000円×10口) ※コンボへのご寄付は寄付金控除の対象です)

コンボの調査では、精神障害をもつ人が信頼できる担当医に出会うまでにかかった時間は10年以上の人23%、5~10年の人20%となっています(2013年3月調査。回答人数135人)。近年、精神科医療機関が身近になった一方、ここまで時間がかかる理由は客観的な医療機関情報がなく、自分に合う病院を探せないことです。

コンボではこの現状を変えるため、2015年度から精神科医療サービスの「見える化」に取り組み、病院や医師を利用者(患者)側から評価できる仕組みを構築してきました。これまで医療提供側には(保健福祉サービス提供側を含め)統一された目標値や測定基準が確立されず、いつ(どれぐらいの時間で)、どこで、誰が、何を、なぜ、幾らで、どうするかが不明確なまま医療・福祉が行われてきました。その結果の説明責任も不明確なままです。「見える化」を行うことで、精神科医療が標準化され、全国どこでも同等の一定水準以上の精神科医療を受けられるようになることを目指しています。

 今回のプロジェクトの目的は、コンボが提供している「地域で生きる精神障害者を応援するシステム」の改善です。全国の精神科医療機関及び障害者福祉サービス事業所に調査を行い、集計結果をインターネット上で公開します。精神科医療機関及び新たに障害者福祉サービスの客観的な最新情報が「見える化」できるようになります。

☆3つの取り組み☆
1.全国の精神科医療機関及び障害者福祉サービス事業所に対する調査
全国の精神科医療機関及び障害者福祉サービス事業所の最新情報を得られるようになります。
2.利用者システムの充実
利用者は精神科医療機関に加えて、新たに障害者福祉サービス事業所を評価できるようになります。
3.精神科医療及び福祉サービス事業所の標準化
当事者自身が評価することで、医療と福祉サービスが標準化されます。全国どこでも同等のサービス(つまりより良い医療・福祉サービス)を受けられるようになることを目指します。

プロジェクトを実現するために、ご協力をよろしくお願いいたします。


精神科医療サービスを「見える化」し、精神障害者を応援するシステム強化寄付

団体情報

団体名 認定NPO法人 地域精神保健福祉機構
代表者名 代表理事 大嶋 巌
団体ホームページ https://www.comhbo.net/
住所 〒 272-0031
千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2階
TEL 047-320-3870
メールアドレス pr@comhbo.net
営業時間 09:00〜17:30
平日9時00分〜17時30分

申し込む


団体トップページへ戻る


ページトップへ戻る