CANPAN決済サービス


認定NPO法人

地域精神保健福祉機構

認定NPO法人 地域精神保健福祉機構

今回の金額:1,000 円/口

概要

精神疾患をもつ当事者が主体的に地域で生きていくことのできる社会」の実現をめざして活動するコンボを支えてください。ご協力をお願いいたします。
((一口1,000円より〔例〕10,000円をご寄付の場合は1,000円×10口)※コンボへのご寄付は寄付金控除の対象となります) 

 2019年1月で地域精神保健福祉機構は法人化13年目に入ります。当会はこれまでの12年間、「リカバリー」を主軸として活動してまいりました。精神疾患への偏見や差別、情報不足による認識不足の中、本当に多くの方のご協力とご尽力のおかげで、社会の空気や制度、当事者を取り巻く環境が少しずつ変わってきました。これは、当会に関わってくださったお一人お一人のより良い未来を作るための情熱、そして、その仲間が全国にいることの力が生み出してきたものです。心より感謝申し上げます。

 コンボは、設立時に設立趣意書の中で、コンボとは「精神障害をもつ人たちが主体的に生きて行くことができる社会のしくみをつくる」団体であること、その「社会のしくみ」実現のために、コンボは「地域で活動するさまざまな人たちと連携し、科学的根拠のあるサービス普及に貢献する」ことを表明しました。しかしながら、現段階ではまだ実現できておりません。誰も取り残されない社会を作るために、私たちは社会を変革し、これからもこの活動を継続していきたいと決意を新たにしております。

 しかし、利益の追求を目的とせず、資金をやりくりしながらの活動で、経営状態は常に不安定です。コンボの主な収入源は、賛助会費や書籍の売上、寄付、補助金などですが、財政状況はなかなか好転しません。これまで、諸経費の削減やウェブサイトの改造、新規会員募集のよびかけ、各メディアへの働きかけなどの取組を続けておりますが、それでも苦しい状況が続いております。

 このような活動を今後とも維持・継続するためには、皆さまのご支援ご協力が不可欠です。みなさんの人生が、みなさんのものであるという実感を得られるような世の中にしていきたいのです。「精神疾患がある人たちが主体的に生きることができる社会のしくみをつくる」。この使命を次の世代にも引き継いで、活動を続けていきたいと願っています。

 みなさまのご支援を賜りますよう、引き続き、ご理解、ご協力をお願い申し上げます。


「精神疾患をもつ当事者が主体的に地域で生きていくことのできる社会」の実現をめざして活動するコンボを支えてください。

団体情報

団体名 認定NPO法人 地域精神保健福祉機構
代表者名 代表理事 大嶋 巌
団体ホームページ https://www.comhbo.net/
住所 〒 272-0031
千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2階
TEL 047-320-3870
メールアドレス pr@comhbo.net
営業時間 09:00〜17:30
平日9時00分〜17時30分

申し込む


団体トップページへ戻る


ページトップへ戻る