CANPAN決済サービス


特定非営利活動法人

アイキャン

特定非営利活動法人 アイキャン

今回の金額:5,000 円/口

概要

【フィリピンでの活動を応援する(1口5,000円)】
フィリピンには25万人以上の路上の子どもが存在すると言われ、その数は誰も正確に把握できておらず、住所や出生登録がされていない子どもたちは、統計上の数字にすら表れることがありません。また、ごみ処分場周辺に暮らす人々は、廃品回収等による法定最低賃金の1/4程度の収入しか得られず、十分な食事が出来ず極度の栄養失調の状態にあることが少なくありません。アイキャンでは、危機的状況にある子どもたちの能力向上と地域の環境改善に取り組んでいます。

活動例)
*「子どもの家」
アイキャンが運営する児童養護施設「子どもの家」では、5~18歳までの身寄りのない子どもたちに対し、衣食住の提供はもちろん、通学や医療、自立訓練を実施し、夢や目標に向かって自立できる力を養います。必要に応じて社会福祉士によるカウンセリングを実施したり、彼らが心身ともに健康に育つよう、常駐の寮母・寮父とアイキャン職員が見守っています。

*路上教育
路上の子どもたちは、日々の空腹による苦しみや、周囲からの偏見や暴力に晒されており、つらさから逃れるためにシンナーなどの薬物に手を染める子どもも少なくありません。そのような子どもたちが希望を持って将来を考えることができるよう、道徳教育や識字教育、また疾病や傷病の対処法に関する保健教育の実施をしています。また、傷病など緊急対応が必要な子どもたちに対して医療的措置を施すこともあります。

*給食活動
子どもたちの8割近くが「極度の栄養不良」状態となっている、マニラ首都圏の中でも最も生活が厳しいと言われる低所得地域において、アイキャンでは、自治体が運営する保育園を拠点として、地域の母親たちと栄養価の高い食事を作る給食事業を行っています。

*職業訓練
路上での物乞い、物売りは非常に危険で不安定な収入手段です。それらに代わる安定的な収入を得るため、元路上の子どもたちに対して、職業訓練を行っています。また、路上で過ごす環境から抜け出した若者たちが、自身の経験を路上の子どもたちへ共有するピア・カウンセリングを通じて、子どもたちが薬物を止めたり、学校に戻る必要性に気づき、自発的な行動を促す活動も行っています。

1口(5,000円)のご寄付で、子ども約85人分の栄養改善の給食1回分になります。


【フィリピンでの活動を応援する(1口5,000円)】

団体情報

団体名 特定非営利活動法人 アイキャン
代表者名 代表理事 鈴木 真帆
団体ホームページ https://ican.or.jp/
住所 〒 460-0011
愛知県名古屋市中区大須3-5-4 矢場町パークビル9階
TEL 052-253-7299
営業時間 12:00〜19:00
火曜~土曜(12時~19時)
特定商取引 特定商取引に関する法律に基づく表記

申し込む


団体トップページへ戻る


ページトップへ戻る