CANPAN決済サービス


公益財団法人

神奈川芸術文化財団

公益財団法人 神奈川芸術文化財団

今回の金額:3,000 円/口

概要

【「たくさんの才能が一度しかない出会いで作るコンサート」を応援してください!】
日本のアートをもっと未来に向かって解き放つ糸口をみつけたい!
1960年代から日本のアートシーンの前衛を引っ張ってきた、日本を代表する作曲家・一柳慧(当財団芸術総監督)と、日本の演劇シーンの中心で演出家・俳優として幅広く活躍する白井晃(KAAT神奈川芸術劇場芸術監督)の2人が、そんな思いでコラボレーションし、毎年スリリングな表現をお届けする「芸術監督プロジェクト」。そんな夢のある企画の応援をお願いします。
1月20日(土)神奈川県立音楽堂で行われる「ミュージック・クロスロード」では、森円花さん、山本和智さんの輝くような若い才能ある作曲家二人のユニークな作品をご紹介します。
演奏は、国際的に活躍するチェリスト、上野通明、日本邦楽界で注目の気鋭の若手筝奏者、平田紀子、寺井結子、中島裕康の3人。そして現代音楽の解釈では随一とされる指揮者、杉山洋一が率いる、神奈川フィルハーモニー管弦楽団。さらに一柳慧が自身で自作のピアノソロを弾きます。
合わせて3つの協奏曲のうち、山本和智による筝の協奏曲では3台の筝の計37本の絃に舞台から客席最後方まで30mに及ぶ絹糸が結び付けられ...という、音楽堂の客席全体が楽器になるユニークな試みです。

白井晃は「空間監修」として若手の映像作家の須藤崇規と組み、「木のホール」として愛される音楽堂の客席やホワイエをいっぱいに使い、照明や映像インスタレーションなどの特別な仕掛けをお届けします。
詳しくはこちらの特設サイト→https://mcr2018.amebaownd.com/
こうした、たくさんの才能が一度しかない出会いで作るコンサート。きっと、「こんなコンサートがあるんだ」という新鮮な体験になるでしょう。
いつも「新鮮な感動」を探索していく「芸術監督プロジェクト」にどうぞ皆様のご支援をお願いいたします

【今回の金額】3,000円/口

■特典:ホームページ等への芳名掲載
 ご寄付を賜りました皆様には、ご希望により当財団ホームぺージ上に、ご芳名を掲載させていただきます。(匿名可)
☆公益財団法人神奈川芸術文化財団への寄付金には、税制上の優遇措置があります。


芸術監督プロジェクト

団体情報

団体名 公益財団法人 神奈川芸術文化財団
代表者名 理事長 小枝 至
団体ホームページ http://www.kanagawa-arts.or.jp/
住所 〒 231-0023
神奈川県横浜市中区山下町3-1
TEL 045-633-3760
メールアドレス shien@kanagawa-af.org
営業時間 08:30〜17:15
平日(月)~(金):8:30~17:15
※土・日・祝祭日:休み

申し込む


団体トップページへ戻る


ページトップへ戻る