CANPAN決済サービス


公益財団法人

みらいファンド沖縄

公益財団法人 みらいファンド沖縄

今回の金額:1,000 円/口

概要

○リスクに晒されている子どもたち
日本全体が人口減少社会へと突入している中、沖縄では比較的高い出生率を維持しています。しかし、多くの統計的数値が、子どもが貧困や孤立のリスクに晒されていることを予測させます。離婚件数、生活保護受給率、米軍基地面積、就学援助制度認定者数、若年出産率などで、深刻な結果が示されています。
 事実、進学を断念する子、虐待を受ける子、衣食住さえ保障されない状況にある子などが、ここ沖縄に多くいるのです。
  
○子どもたちと沖縄の未来を拓く
 沖縄の子どもたちを守ることは、沖縄の未来を守ることです。だれもが活き活きと働き、心休まる家庭で暮らせる社会になれば、生産性が向上し、税による社会保障負担も減ります。
 この「沖縄まちと子ども基金」は、子どもたちを地域(まち)が支えていける環境づくりをめざし、課題の解決をめざす事業・調査を行うNPOに対し助成するため、設置いたします。


沖縄まちと子ども基金

リスクに晒されている子どもたち

日本全体が人口減少社会へと突入している中、沖縄では比較的高い出生率を維持しています。しかし、多くの統計的数値が、子どもが貧困や孤立のリスクに晒されていることを予測させます。離婚件数、生活保護受給率、米軍基地面積、就学援助制度認定者数、若年出産率などで、深刻な結果が示されています。
事実、進学を断念する子、虐待を受ける子、衣食住さえ保障されない状況にある子などが、ここ沖縄に多くいるのです。


貧困は連鎖する

親の貧困は、子どもの孤立を招きます。
ネグレクト(育児放棄)や暴力、親の夜間・長時間就労は、子どもが家庭で孤立し、不規律な食事や睡眠に繋がります。家庭での孤立は、コミュニケーション能力に影響し、やがて社会からの孤立に至り、子どもの未来を剥奪していきます。進学、就労、結婚、出産などにおける、多種多様な選択肢という希望が、その子自身が対処しようのない親の貧困によって消えていくのです。
学校中退、不本意な妊娠・結婚、不安定就労などがその子自身の貧困を招き、さらにはその子どももまた、負の連鎖に繋がっていく傾向もあります。


子どもたちと沖縄の未来を拓く

沖縄の子どもたちを守ることは、沖縄の未来を守ることです。だれもが活き活きと働き、心休まる家庭で暮らせる社会になれば、生産性が向上し、税による社会保障負担も減ります。
この「沖縄まちと子ども基金」は、子どもたちを地域(まち)が支えていける環境づくりをめざし、課題の解決をめざす事業・調査を行うNPOに対し助成するため、設置いたします。


団体情報

団体名 公益財団法人 みらいファンド沖縄
代表者名 小阪 亘
団体ホームページ http://miraifund.org/
住所 〒 903-0824
沖縄県那覇市首里池端町34 2Fタイフーンfm内
TEL 098-884-1123
営業時間 09:00〜18:00
9時00分〜18時00分

申し込む


団体トップページへ戻る


ページトップへ戻る